爪の水虫を抗生物質(トラコナ・イトラコナゾール錠)で治療しました。

3年ほど前の話ですが、足の親指の爪を切ろうとしたら爪の先端がポロっと欠けてしまいました。

少し前まではあまり気にしていなかったのですが、このところ爪が変形して皮膚に食い込んで痛かったり、良く見たら他の指の爪まで白く濁っていたり、変に盛り上がっていたりとさすがに見ているだけでも気持ち悪くなりました。

ちょうどそのころ、テレビのコマーシャルで爪の水虫の話をしていたのでもしかしたら私もそうなのかもしれないと思って皮膚科に行ってみました。

病院で爪のサンプルを検査してもらったところ、案の定爪の水虫ということで、飲み薬で治療するということになりました。

抗生物質の薬を飲むのですが、名前はトラコナ(イトラコナゾール錠)という薬だったのですが、このトラコナ(イトラコナゾール錠)の飲み方がちょっと今まで飲んだことのある薬とは変わっていました。

一週間の間、朝晩食後に錠剤を飲むのですが、一週間たったら三週間は薬を飲むのを休みます。

そしてこれを約3か月から半年くらい繰り返すということでした。

パルス療法というのだそうですが、このような薬の飲み方をするのは初めてだったので、ちょっと戸惑ってしまいました。

最初の一か月は特に爪には変化は見られず、相変わらずの状態でしたが、2か月目が終わった頃、白く濁った部分やボロボロに崩れていた部分がなんとなく普通の爪の色と同じようになってきた感じがしました。

治療にかかる前に念のためにと撮っておいた写真と比較すると明らかに普通の爪の色の部分が大きくなっていることが分かりました。

この薬はまれに肝機能に障害が出る場合があるらしいのですが、私の場合は特に症状は出なかったので良かったです。

治療開始から半年後、私の爪はすっかりと元通りになっていました。

>>トラコナ・イトラコナゾール錠の購入はこちら




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ