膀胱炎になってしまった時の抗生物質

30歳の主婦です。

以前仕事をしていた時によく抗生物質のお世話になりました。

仕事内容によってトイレになかなか行けないことがあり、それが続くと必ずと言っていいほど膀胱炎になっていました。

膀胱炎は頻繁に尿意が起こり、トイレに行きたくなります。

しかも尿を出すときにジーンとした激痛を伴います。

最初になってしまった時は、何か大変な病気に罹ってしまったのだと思いました。

あまりにも痛かった為、病院に行きました。

内科に行ったのですが、受付で症状を言うとすぐに尿検査をしました。

そして医師に診察してもらったのですが、はっきりと膀胱炎だと言われました。

尿検査をするとすぐに分かるそうです。

薬は「フロモックス」という抗生物質を出して貰い、水分をたくさん取るように、と指示されました。

このフロモックスという薬は私の体に合っていたみたいで、すぐに効き始めました。

2回ほど飲んだだけで痛みはなくなり、あれだけ頻繁にトイレに行っていたのに、尿意もかなり落ち着きました。

しかし良くなったからといって、そこで薬を飲むのを辞めてしまうとまたすぐに再発してしまうみたいなので、出された薬は全て飲み切りました。

ですが1回膀胱炎になってしまうと、何ヶ月かしたらまたなることがあります。

最初の何回かは膀胱炎が酷くなってから病院に行って、抗生物質を貰い治療していたのですが、だんだん膀胱炎に慣れてきてしまい、あ、もうすぐなりそうだなという前兆が分かってきました。

そんな時は普段以上にたくさん水分を取り、少しでも尿意があったらすぐにトイレに行くようにしています。

そうすると前兆のような症状も治まり、膀胱炎になることはありません。

抗生物質といっても薬なので、私にはフロモックスが合っていましたが、人それぞれ合う合わないは違います。

薬によってはアレルギー症状が出ることもあります。

以前に貰って余ってしまった薬を飲むなんてことはせずに、その都度医師に処方された薬を飲むことが良いと思います。




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ