耐性菌から発生をした喉の痛みを抗生物質のペプシリンで治しました。

わたしは現在29歳の男性会社員です。

これは最近の話ですが、私は激しい喉の痛みにおそわれました。

普段からですが、断続的に痛みがあり、そして何か食べ物を飲み込むときなどに、針でさされたような痛みに襲われました。

それで数日後には、39度の高熱におそわれて、私は一週間ほどですが、お仕事を休みました。

頭の脳がとけているのではないかと思ってしまうくらいに苦しい思いをしてしまったことを今でもはっきりと覚えております。

それで私はかかりつけの医師に自宅まできてもらい、診察をおこなってもらいました。

原因は耐性菌から発生をしたインフルエンザという診断をくだされました。

(この文章は意味が不明です。インフルエンザの原因はウイルスであり、菌ではありません。編集部注)

私はこの耐性菌というものを始めて聞いたので、医師からいろいろと教えていただきました。

耐性菌は一言でいうのであれば、ウィルスや菌自体が抗生物質で殺されないように変異した「新種の菌やウィルス」のことらしいです。

これには決定打となる抗生物質はないと医師から言われて、自分自身もこまってしまい、何とかする方法はないかと医師にいろいろと相談をさせていただきました。

「通常の抗生物質」(ペニシリン系やセファム系)は効かないようです。

それで自分は喉の痛みだけを治すためにいろいろと医師から相談を行いました。

喉痛みを改善するために抗生物質はペプシリンがおすすめといわれました。

それ以外でも食生活を改善することによって喉の痛みなどをなおすことができるようです。

蜂蜜などがよい食べ物らしく、喉の痛みなどを治す作用があるようです。

自分は医師の言われたとおりににペプシリンを服用して、喉の痛みを治すことができました。

現在では抗生物質をいろいろと勉強をさせてもらっております。

(東京都 匿名希望さん)




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ